2011年
@@月@@日(@)
w

相手がミスして「カモン!こい!こい!」にはどういう意味が含まれているのか?
@「ポイントをとった」うれしさ、自分を鼓舞する声
A相手を威圧し、動揺させる声、「さあこい!下手くそ!」
B何気なく習慣でそう言っている
テニスは紳士淑女のスポーツ。相手と戦いあって、最後は気持ち良く勝ち負けに関係なく戦闘を
たたえ合わなければならない。ミスに「カモン!さぁこい!」を連発されたら最後気持ち良く終われ
ないのではないか?プロでも相手のミスには「カモン」は言わない。起死回生のノータッチエース
が決まって言っている選手はいる。ましてや我々はアマで教育の一環として部活動のテニスを
行っている。上手くもない選手が「カモン」「カモン」の言いあいになったらケンカになる。テニスは
スポーツだから、ケンカはしたくない。気持ち良く「また練習試合、お願いします」という形で終わり
たい。「カモン」を言い続けるのだったら、練習試合はお断り!いや私がいる間はお断りだ。


2011年
4月24日(日)

シングルス2ブロックの会場でした。開始する前から新人戦でないのに4つも問題点が出しました。
@「テニスシューズではない運動靴でやってもいいですか?」
A「テニスシューズを忘れました。家族が届けにこちらに向かっています」
B「ボールを忘れました」
C9時3分前の出席届け、隣の高校に間違えていったそうです。

@については怪我しないように注意してやること。Aについては試合前に家族の方に届けてもらいましたBについては会場の選手の中に2つボールを持っていた方から譲ってもらったそうです。Cについては厳重注意を与え、すべて試合には出場させました。2・3年生ですからもっとしっかりしてもらいたいと思った瞬間、 NFTCの部員は大丈夫だろうか?と心配になりました。「人の振り見てわが振り直せ」ですね。

2010年
10月21日(木)
w
「光陰矢のごとし」と言われます。数日前からメールで連絡を取り合っていたOGのm.yさんとt.s.さんが
来校しました。聞いたら10年ぶりということで、新校舎に入るのも初めてということで楽しみにしていた
そうです。二人は結婚され、当時部長だったyさんはご懐妊されていて、お腹がふっくらとしていまし
た。今年中にはお母さんになるそうです。部員にお土産まで用意してくれ、現役からのお礼のあいさ
つは現役当時自分たちもしていましたと懐かしんでいました。部室に入り、「これはまだあるんだ!自
分の代も使っていたよ」と2人で盛り上がっていました。「NFTCがこうして盛んに活動をしていると1度
顔を出したからいつでも来られるね。」とまた来ると約束をして別れました。

2009年
8月8日(土)

w
T顧問が拡声器で4面の現役・OB・OGに向かって「気合いが入っていないので
これから喝を入れます。全員Aコートに大至急集合!!」というなり私に向かって
「先生、喝を入れてやって下さい。」これがサプライズの始まりでした。私が真に
受けて「平成21年・2009年の8月8日の一球に魂を込めて打て!一生に一度
の日の「無二の一球」を誠意と感謝を込めて打ちなさい」とはなしているうちにま
わりに人の気配が…そして初代の鈴木徹氏からテニス部成立から現在に至る経緯を
話され、そして「全員からの心を込めた還暦のお祝いです」とトーナメントバック
を渡されました。中には赤中心のシューズ・テニスウエア・ウインドブレーカー・
キャップ・リストバンドなどが入っていました。一言挨拶をして胴上げをされ記念
撮影となりました。

 公立高校とか他の一般企業の多くでは定年の歳。ここまでとりあえず無事にやっ
てこれたのはOB・OGの支えや現役の頑張り、保護者のご理解とご協力があって
のことと感謝申し上げます。本校の定年65歳まで無理せず頑張りたいと思う今日
このごろです。
赤いシューズの裏と真琴ちゃんの後姿 総勢約60名での記念撮影感謝です。


6月13日(土)
w
土曜日なのに何故か部員の集合が思わしくありません。部活の前に「〜の用で遅刻をさせて
下さい。」部長の認めサインがあり、クラスのことだから仕方が無いと言うことで私も認め
ます。ソフトが試合でいなく男女で4面。16人中5人で2面はもちろん使い切れず、中学
生を2時から3時までの予定を延長したところで遅刻者が揃わず、この大事なときに……。

部活の目標の1つに『両立』を上げていますが、学校生活の重要な行事の1つにクラス参加
ということで協力をするのは当たり前。時間を設定して部活に早く出てくることも両立の
うちです。立場を考えて空気を読んでなんてあまり言いたくはありませんが……。

成長過程ですからいろいろ考えを巡らして最善な方法を選択しましょう、みんなは一生懸命
やる子たち。協調性を持ち人が困っていたらどうにかしてあげようと考え行動していると
思います。或いはクラスの雰囲気を壊さないために自分の立場も考えなければならないで
しょうクラスの人が困っています部活の中心である部長は遅刻者が多くて困っていま
「さぁどうします?」試練ですね。最善の努力をしてこの試練を乗り切りましょう!

3月9日(月)

7日(土)の反省を活かして、フォアとバックを交互に打つの
を約束にして、ゆっくりしたリズムで打ち合わせました。 

- 合計
--- 425 251 225 403 422 1726
425 -- 176 227 198 257 1283
251 176 --- 430  54 241 1152
225 227 430 --- 193 235 1310
403 198  54 193 --- 352 1200
422 257 241 235 352 --- 1507


3月7日(土)


試験明け恒例のラリー合戦。15分ノーミス総当たりです。
ミスが少ないフォアに回って打つのが目立ち不満でした。

- 合計
--- 366 358 153 110 260 1247
366 -- 142 85 256 508 1357
358 142 --- 166 128 326 1120
153 85 166 --- 53 380 837
110 254 128 53 --- 170 715
260 508 326 380 170 --- 1644



下2つは中学生よりのメールの返事です。

2月20日(金)
男子部顧問のiです。
メールを拝見しました。来年度の部活の運営を今から心配する気持は素晴らしいと思います。
非常に責任感があり、テニスに打ち込む強い気持が、雰囲気から伝わってきます。
合宿の件ですが、本校は校内のコート・研修施設を使用して男女一緒に実施しております。
来年度の部員の入部状況(本校もそちらの高校も)や、通常の練習のスタイルの違いもあり
ますから、実施できるかどうか、現時点では何ともお答えできません。
そこで、提案ですが、今はまだ上級生が来春のインターハイ予選にむけて追い込んでいる
時期でしょうから、世代交代してからでも構いませんので、先ず、本校の練習に一緒に参加
してみてはどうでしょう?その後、合宿が一緒にできるかどうかを、少しずつ詰めていっても
いいのではないかと思います。
練習試合なども、希望されるなら日程を調整します。顧問の先生や上級生と相談してみては
いかがですか?

2009(平成21)年
2月13日(金)

w

合格、おめでとうございます。そしてメール、ありがとうございました。
 
テニス部に入部を検討して頂き感謝しています。
本校には運動部と文化部が19ずつありますので、
是非入部対象の1つにして頂けたら幸いです。
 
NFTC(日大藤沢テニスクラブ)は大変真面目な部活で、両立を第1の目標に
頑張ってもらっています。
勉学が振るわないときは活動を停止してまでも点数を取ってもらいます。
過去には停止して勉学を優先してもらったという例はありません。
みな、励まし合って先輩から教えてもらったり、過去の問題をもらうなどして
協力しています。
 
是非、入部して頂きたいと思っています。
熟慮して決めて下さい。またメールを下さい。


2009(平成21)年
2月9日(月)

昨日(8日)の練習試合で、こんなことがありました。昨日は天気が良く、昼過ぎまでは寒さ
に凍えることもなく、とても快適な陽気でした。しかし、午後2:30位から徐々に寒さが堪え
るようになり、部員もウィンドウォーマーを羽織って寒そうなそぶりを見せ始めておりました。
練習試合中の為、空いている部員が交代で主審を務めていたのですが、Bコートの主審をし
ているH君は、試合直後だったため、ゲームウェア(半袖短パン)のままレフリー台の上に
座っていました。他の部員はコートで行なわれている試合に目を向けてはいますが、レフリ
ー台のH君を気にかける者はおらず、堪りかねて、私が傍にいたK君に「K君、寒くない?」
と聞くと、ウィンドブレーカーの襟に首をすぼめながら、「かなり寒いです」とおどけてみせま
した。そこで私が「レフリー台のHはもっと寒いんじゃないかなぁ」と、言うと、慌ててH君のウ
ィンドウォーマーを持って、Bコートに走っていきました。「君達は言われたことはよくやってく
れるけど、本当にその意味を考えて行動していますか? ただ条件反射的にやっているこ
とに、何か意味があるだろうか? 周囲にしっかりと気を配って、『気付く力』を身につけなさ
い」と、いうようなことを話しました。そこに、主審の仕事を終えたH君が戻って来て、開口一
番、「K、ウィンドウォーマーありがとう!寒くて辛かったから、スゴク助かったよ!」すると、
K君は申し訳なさそうに「実は…俺が気付いたんじゃないんだ…」と、少々残念そうな様子。
K君、次何かあった時に挽回して下さいね。どのK君(4人います)かはナイショですけど。 t


2008(平成18)年最後の練習試合の結果です。

最初のDです。 次のSの結果です。
2度目のDとSです。 残りのSです。


2008(平成20)年
10月24日(金)

カナダに修学旅行に行って来ました。主にバンクーバーを中心に4泊6日。今回の修学旅行のメ
インは何と言っても学校間交流。生徒一人に現地校の生徒がバディとして一人づつ付き、一
緒に授業を受けたり、ランチをともにしました。英会話に不安のある生徒も、身振り手振りのボ
ディランゲージで必死にコミュニケーションをはかっていました^^)。また、グランヴィルアイランド・ヴィクトリア・
バンクーバー市内の自主行動では、お土産を買ったり昼食をするのも、全て英語を駆使しての
コミュニケーションが要求されましたので、「自分の意見(気持ち)を相手に伝えること」がいかに難
しいことかを思い知らされた毎日だったのではないでしょうか。テニスではネットの向こう側の相
手とのコミュニケーションはあまり必要ありませんが、ダブルスでのパートナーとのコミュニケーションはとても
大切です。自分の気持ちを的確に、手短かにパートナーに伝えて次の戦略を練ったり、ミスをし
たパートナーの気持ちを察してさりげなく励ましの言葉をかけるのも重要なコミュニケーションです。外
国の選手はプレー中、「You!(お前が取れ)」とか「Mine!(私が取る)」とか言っております。
自分の意思を確実にパートナーに伝えることです。プレー中は遠慮していてはいけません。謙譲
の美徳はコートの外での話です。カナダの話が、最後はしっかりテニスの話になった所で、以上
報告を終了します。留守中、部活を手伝ってくれた3年生ありがとう、お土産はないけど…。t
2008(平成20)年
10月13日(月)

w
団体戦の試合が始まって、1ゲーム終了後はベンチスルーがルールではないですか?ベンチ
に「水を飲め!」と座らせ横で何かを指示しているように見えたのは私だけでしたか?それ
にプレーが始まる前に手をパンパンと叩いて信号を送っているような感じがしました。時には
2回、時には3回と分けていました。やはり、相手のミスに「ラッキー!」を連発するとか審判
の「フォルトアンドダブルフォルト」も硬式テニスでは無いと思います。応援の拍手の仕方も
節操が無く、相手の気持ちを攪乱するような行為に感じられました。スポーツの魅力とはな
んでしょうか?正々堂々と戦って勝者も敗者もお互いを讃えあうことが必要だと思います。
ルールやマナー・エチケットを教えるのが教育では無いでしょうか?顧問の先生方のご指
導で硬式テニスのマナーを身につけさせて頂きたいと思っております。

2008(平成20)年
9月16日(火)

 毎回練習試合の結果を残しています。しかしあまり見直す機会もなく、ただ積み重なってい
るので、先日一念発起して現3年生の3年間の練習試合結果をまとめてみました。と、言うほ
ど大した作業ではなく、ちょっと暇つぶしに集計しただけです。星取表と勝率を表にしてみま
した。(練習試合のみ。公式戦は入っていません)
シングルス ダブルス H18年6月

 H20年5月

練習試合数
全26回
対戦高校は
延べ35校

 Y堀   22勝13敗    62.9%    37勝24敗    60.7% 
 F田  20勝17敗  54.1%  36勝27敗  57.1%
 T崎  16勝19敗  45.7%  39勝31敗  55.7%
 I井  13勝17敗  43.3%  23勝37敗  37.7%
 I藤   7勝21敗  25.0%  17勝40敗  29.8%
 K野  11勝21敗  33.3%  31勝31敗  50.0%
 T中  13勝13敗  50.0%  24勝33敗  42.1%
 S本   4勝20敗  16.7%  14勝30敗  31.8%

 Y部長がS・Dともトップの勝率です。1年の春から練習試合に出していたのはY君とF君の
二人だけ(あのH18年6月25日、対藤沢翔陵戦「全敗」の時にも出しました)ですから、これは
かなり立派な数字ではないでしょうか。そしてもう一つ注目して欲しいのはT崎君の試合数の
多さです。試合大好きのT崎君は、ペアがお休みで試合が出来ない部員がいたりすると率先
してパートナーを買って出てくれるので、自然と試合数が増えました。逆に言うと、異なるペア
と組んで試合することが多いのに、55%の勝率というのは結構いい数字であることがわかる
と思います。さらに、顧問Tとしてはいつも負けてばかりだったような印象のあるK野君がDで
50%。T中君がSで50%の勝率を上げていたのには驚きました。比較的勝率が低いI井君・
I藤君・S本君ですが、彼らは1年の時はほとんど負け続けでした。2年になってからも下級生
と組んで試合をする機会が多かった彼らの勝率が低いことはやむをえないことです。それで
も毎日一生懸命練習に参加し、少しずつ勝てる機会も増えてきて、テニスの楽しさに触れる
ことができたことに価値があります。I井君は最後に団体のダブルスメンバーを勝ち取りまし
たし。現役の1・2年部員の中にも、中々勝てずにいる人もいると思いますが、練習は裏切り
ません。いつか勝てる日がやってくることを信じて、日々精進しましょう。

2008(平成20)年
8月23日(土)

19日(火)男D、21日(木)・22日(金)男Sがおこなわれました。私はI先生の補佐にまわり、
運営など一切をI先生にして頂きました。テキパキとした選手への指示は申し分ありませんでし
た。
I先生がトップ画面でも書いていましたが試合に臨む姿勢が完全でなかった選手が各校にい
たのでは無いでしょうか。●試合中にガットを切っていまい、代わりのラケットを持参していな
い選手。●ウエアーを忘れた選手。●試合ボールを忘れた選手。●会場を勘違いしてしまった
選手。●試合中にウエアの着方が正しく無い選手。●コートチェンジの時にネット越しに友人
と何か話している選手。●タオルをコート後ろのサーフェスに直接置き、かいているか、かい
ていないか判らない汗を必要以上に拭き、試合進行に非協力的な選手。●大きな声を出して
雑音を振りまいている選手などなど。地区大会レベルでは本大会を踏まえた指導ということで
大目に見ることもありますが、さすが本大会ではいくら予選といえども、甘くは出来ません。
夏の地区大会でありました。選手が審判にクレームを付けて、試合後、選手と審判が来て、「あ
まりにも不快な思いをしました」と訴えて来ましたのでこちらから十分厳しい指導をしました。
今回はI先生が試合前の選手への注意・お願いの所で厳重に「審判へのクレームは厳禁」の
旨を連絡していましたので試合運営に問題は無かったようです。「人の振り見て、我が振り直
せ」ですね。襟をを正して行きたいと思います。
本部をしていて清々しいと思うことは、試合が終わって、「○○高校の○○ですが、今日1日、
ありがとう御座いました」と挨拶されると、労が報われた感じがして嬉しくなりますね。

2008(平成20)年
6月23日(月)

私事ですが、5月26日(月)から6月12日(木)まで相模原の北里大学病院に入院していまし
た。その間5月29日(木)には、右目・網膜剥離の手術を受けました。16時半から18時半ま
での約2時間の手術の後、眼球を安定させるために常に下向きで生活することを指示されま
した。苦痛の日が退院までの約2週間続き、特に就寝がうつ伏せ状態を守ること余儀なくさ
れました。

6月12日(木)退院。しばらく自宅療養ということで、18日(水)の通院再検査の様子で職場復
帰が可能かどうかを決めましょうということになり、通院再検査の結果、この週は療養して23
日(月)から復帰して良いでしょうとなりました。約1か月、休みを頂き多くの先生方にご迷惑を
おかけしました。

【雑感】
@病院スタッフ(主治医・担当医・受付医・看護士・補助士・掃除士など)の皆様の精力的な働
きには頭が下がりました。誠実な対応に患者は安心して身を任せることができるのだと感じま
した。

A病院食についてのイメージは「味が薄くて美味しくない」という先入観がありましたが、世界
中で思うように食事ができない人たちのことを考えて、絶対に残さないで食べるぞと心に決め
ました。院内の栄養部の皆さんには患者のことを考えてくれた美味しい食事を毎食出して頂き
ました。トレイには必ずメニュー表が乗っていて、それを見ながら食事するのが日課になりまし
た。ある日の朝食はエネルギー510`カロリー、昼食が470`カロリー、夕食は510`カロ
リー、塩分は朝食1.7g、昼食 3,8g、夕食 1.8gでした。

6月9日(月)の昼食は特別でこういうメッセージが付いていました。

患者様へお知らせ
本日配膳の料理に使用しました牛肉は「北里八雲牛」といって、北里大学畜産学部附属
フィールドサイエンスセンター(通称:北海道八雲牧場)で生産されたものです。
この牛肉は当牧場において牧草や飼料作物、放牧による自給飼料100%の中で育てられ
多、高品質で安心、安全なナチュラルビーフです。赤肉主体で脂肪分がきわめて少なく、
香りや味もさっぱりとした食感で、ミネラルも豊富なのが特徴です。
どうぞ、ご賞味下さい。

食して本当にメッセージ通りで牛肉が大変甘く、牛肉本来の味・香りがしっかりついたとても
美味しい牛肉でした。牛丼にして食べてビックリしていると、部屋の入院仲間が、「この牛肉
を食べないで退院はできないと言われるほど、有名なんだよ」と教えてくれました。町の牛丼
屋さんのよりも美味しく頂きました。

 魚料理について気が付いたことがありました。眼科病棟ためか魚には骨が一切着いていな
く、骨を取る作業は不要でした。普段もこうだったらもっと魚料理が好きになると思いました。

Bテレビのない生活でラジオが大好きになりました。今まではニッポン放送が中心でしたが、
電波か受信機の関係でしょうか、ニッポン放送は雑音が激しく長くは聞けませんでした。AM
ではTBSラジオがクリアーに聞こえ、お世話になりました。TBSテレビに出ているアナンサー
が多く出ていたように感じました。

6月18日(水)の通院診察に続き、7月1日(火)も通院診察を受けてきました。先生によると
順調に回復しているとのことでした。
7月30日(水)通院診察
8月 6日(水)コンタクトレンズ準備の検眼。12日より使用。
8月18(月)・19(火)・20(水)壁打ちを20〜30分位。
   21日(木)I先生に誘われ、ミニテニスからゆっくりラリーを20分位しました。


2007(平成19)年
11月17日(土)
昨晩、Y部長のラケットのストリングを張り上げました。私が顧問になってから丁度200本目
の張替えでした。一昨年、ハードヒッターのY崎君が「先生ガット張れるんですか?」と言うの
で、気軽に「張れるよ」と答えて、最初の一本を張ってから約2年半です。いつ、誰のラケット
を張ったか忘れないように、簡単な記録を残していて、見てみたら偶然にも昨年の11月17日
に張ったT中君のラケットが丁度100本目でした。つまり1年で丁度100本です。最近男子が
張るストリングは、耐久性とスピン性能を売り物とした「ポリガット」が主流で、実際、通常のナ
イロンストリングよりも耐久性は高いのですが、何と言っても柔軟性に欠ける素材であるため
非常に張りにくいのが難点です。最近はずいぶん慣れましたが…。またタテ・ヨコを別の素材
のストリングを張る「ハイブリッド」等というものもあり、混乱します。でもW先生が11月15日の
メインページに書いたように、自分が張ったラケットで生徒が存分にテニスを楽しみ、その結
果としてテニスが上達してくれれば、ストリンギングの苦労など何でもありません(^ ^)。まあ、
理屈はともかく、ストリングを張り替えると、単純に気分が良いですよね。沢山ストリングを張
り替えて、自分のプレースタイルに合ったテンションやストリングの種類を追求しましょう。 t
2007(平成19)年
7月22日(金)

w
男子Dの会場でした。小雨が10時頃まで降ったりやんだりでしたが、砂入り人工芝の強み
で全然問題なくしかもソフトの2面も借用しての展開で1時過ぎには終了しました。湘南台高校
の部員には敬服しました。当たり前のことですが本校も他校も出来ていないことがしっかり出
来ていました。試合の終了後にお互いに握手をした後主審と線審に「ありがとう御座いまし
た」とはっきり言っておりました。そして私も指導をしているのですが、人の前を通るときは
「前を失礼します」と言いなさいと…。所が湘南台高校の部員は「後ろを失礼します」と毎回言
って通って行くのです。高原先生のご指導の徹底ぶりには感服致しました。応援したくなるよ
うな部員たちでした。実際応援をしました。今後の生活にいろんな場面で役に立つことが多く
あると思います。確認をするため「○○高校ですね」と聞いても返事の出来ない部員がおりま
した。「ハイ!」と何故言えぬ!基本がなっていない(怒り)。失礼しました。「人の振り見てわ
が振りなおせ」ですね。勝つだけが全てではない。マナー・エチケットを考えて行動しましょ
う!w
2007(平成19)年
5月12日(金)

t
ストリングは生き物だといわれます。当然、張り替えた直後が最もストリングの性能が発揮さ
れるタイミングです。ですから、張って3ヶ月以上経ったら、(それでも打てますが)ストリング
の美味しい時期は終わっていると考えて下さい。よって例え切れなくても3ヶ月位に一度はス
トリングを張り替えることをお勧めします。
ところで、在学中に何回くらいストリングを張り替えるものなのでしょうか?今回、3年のA屋
君の張替えが25回目でした。2年と2ヶ月ですからほぼ月に一回のペースですね。A屋君は
グリグリのスピナーではないので、もっとスピンを多用する部員なら30回を越えるかもしれま
せん。通常ショップで張替えを依頼すると、ストリング代以外に張り代として1000円〜1500円
かかりますので、25回として25000円〜37500円かかる計算です。A屋君はラケット一本分の
元を取った形ですね(^ ^)。ストリング張りは結構細かい作業なので、ショップもあまり格安で
はしてくれませんが、顧問は半分趣味で張っていますので、この作業が結構好きです。自分
が張り替えたラケットで生徒と共に試合に出ている気持ちなのです。ご家庭でも、お子様が
「切れたからストリング代を下さい」と言って来たら、間違っても「切れないようにそっと打ちな
なさい」などと言わないで下さい。逆に褒めてあげて下さい。一生懸命練習している証なので
すから。部員諸君はストリングを切った回数を誇りにしよう。顧問はいつでも張り替えますよ。
2007(平成19)年
5月6日(日)

w
部員にはラケットを大事に大切にしなさいと常々言っています。ましてこういう事はもっての他
と考えています。ラケットの面を地面べたっと置いてしまうこと。グリップが汚れたりガットに余
分な湿気やホコリが付いたりで良いことはありません。試合の前にトスをします。こういう光景
を目の当たりしました。相手がラケットを地面に置きグリップをシューズのつま先に上に置き
「さぁどうぞ!」と言うことらしいのです。NFTCの部員がその面の上でラケットをグルグルと回
しました。直後に注意をしましたが、部員間に徹底されていなかったのは、顧問の責任です。
トスをするときラケットをサーフェスに寝せてその上でラケットを回すのやめて下さい。自分の
ラケットの上で相手のラケットを回させるのも勿論やめて下さい。ラケットとガットに傷が付い
たり、傷んだりします。相手がラケットを地面に置いてこの上で回して下さいと言うことでした
ら丁重にお断りをして何もないところで回してスムースorラフを言ってもらえば良いのです。本
当はコイントスで決めれば良いのでしょう。ラケットは武士でいう刀です。大切にしましょう。
2007(平成19)年
5月4日(金)

w
4月29日(日)に「平成19年度 神奈川県高等学校テニス大会」個人戦ダブルスが本校の
2面も会場となった。試合が始まる前にお決まりの諸注意などを係りから連絡をする。呼び
出しがあったら速やかに本部に来ること。練習はサービス各サイド2本。審判と勝者が一緒
に結果報告を本部まで。敗者審判制。審判は正確なジャッジと大きな声でコールをして下さ
い等々。過去に地区大会で「すみません。審判が出来ないのですが……」という部員がおり
ました。今回は県大会の予選ダブルスで2人とも審判が出来ないという選手が出てきました。
t先生が優しく諭すように話しをして下さいました。私だったら冷静に注意できなかったかも知
れません。「私たちが代わりに審判をしても良いです」と声をかけてくれた城郷高校のS相さ
んとK谷さん、本当にありがとう御座いました。審判が出来ない人は試合に出られないので
す。誰にでも初めてというのはあります。本番があるから練習をして備えるのですよね。

2006(平成18)年
12月21日(木)

w
「最近、ただつなげるだけのシコラーを脱出したくて、浅いボールはしっかりうちこむようにしました。
も、逆に浅くなってしまったり、つなげることができなくなってしまったりしました。はっきりいって、試合に
集中できていません。前はただつなげるだで、とにかく体力とフットワークと集中力があればできまし
た。でも、スピードボールを混ぜると、コースやその後の試合の構成など、すごく頭もつかいます。テニ
スの難しさを改めて感じました。スピードボールをいれると、今度はそのボールに頼ってすぐにポイント
をとりいそいで、1点をとることの大変さ、失うことの重大さを見失ってしまいます。1球1球を大切に、
あきらめずに最後まで追うプレイスタイルをまたとりもどしたいです。」
と言う部員の悩みが送られて
きました。今はシンプルな考えで信念を曲げることなく、徹することが一番でしょう。いつかは
浅いボールはしっかり打ち込むようになるはずです。焦るな焦るとミスにつながる。足を動かし、肩
の力を抜いて振り切ることに専念しましょう!!弱気になるな。強気でつなげろ!強気を忘
れるな。つなぐことは技術も精神力も体力も一流で無ければ出来ない!みんな頑張れ!!
2006(平成18)年
11月19日(日)

w
23日の地区別対抗戦に向けての練習でした。雨のため3時間半しか出来ませんでしたが、
高原先生の熱血指導のもと、全員が「良い練習できて成長できたな〜」と感じたと確信して
います。6本打ち、サービスネットミス抜けの練習など参考にさせて頂きます。良いプレーヤー
の参考になるところはすぐに吸収して自分のものに出来れば意義があります。湘南台高校
の選手は元気が良くてはつらつとして鍛えられた部員だと改めて関心させられました。他校
の部員たちも一流のものをテニスの技術と共に他の面でも身につけている感じました。半日
でしたが、有意義でした。またの機会を楽しみにしています。ありがとう御座いました。
2006(平成18)年
11月02日(水)

w
顧問として恥ずかしい話でした。フットフォルトを徹底的に指導出来なかったのは顧問の責
任として反省しています。試合の最中に何を言われても動揺するような選手では見込みが
無い。一番は選手の自覚が必要でしょうが、こちらも目についたときは徹底的に指導して、
修正させたいと思います。ソフトで右利きの選手が左足を後ろから前に移動してサービスを
するのをそのままにして打っている人がいます。やはりベースライン際に左足をセットして、
右足を左足に添える打ち方を徹底して身体に覚え込ませて欲しい。左足に右足を添えると
きに、右足がラインを踏む選手もやはり意識を強く持たなければ修正ができないと思う。
2006(平成18)年
10月24日(月)

w
団体戦の試合中に顧問が審判にクレームをつけて、顧問から言われた部員(審判)は言わ
れるままにフットフォルトを取るなんてひどい。審判の指導は顧問の仕事では無いですか?
公式戦の団体戦最中に審判の指導はやめて下さい。審判は独立している人間です。審判の
ジャッジを尊重出来ないとは問題外です。お互いに切磋琢磨をして頑張りましょう!
2006(平成18)年
5月15日(月)

w
毎年、この時期の団体戦敗戦後が3年の引退式と定番になっています。正味2年。自分たち
の代では1年間が部活の勝負ということです。苦しいこと嫌なこと注意(怒られた)されたこと
が沢山あればあるほどそれをみんなで乗り越え、頑張って来て成長できるのだと思います。
人生に失敗はつきもの。それを乗り越えてこそ大きくなれるのだと思います。私も日々、小さ
な山、中位の山、大きな山を乗り越えようと頑張ろうと思っています。
ある本に書いてありました。「有難う」「感謝します」「ツイてる」が幸せを呼ぶ『魔法の言葉』
だそうです。絶対に口にしてはならないことがあるそうです。それは「汚い言葉」と「怒ること」
です。汚い言葉を口にすると、その言葉どおりの人生となり、人を怒ると、それまで積み重ね
てきたツキが、いっぺんに吹き飛んでしまうそうです。
先の長い人生です。「全てに感謝!」で行きましょう。人生とテニスに生かして行きましょう!

2006(平成18)年
4月1日(土)

w
新年度を迎え、3年生は残り1ヶ月半。女子は16人の3年生ですが、春の大会はS3人、
D4ペアーということで制限があり、2年生の上位の選手も出さなければということで、苦しい
選択をしなければいけません。SもDも実力順で重複が当たり前という時期もありました。
他校でS戦要員、D戦要員、団体戦要員と分けて選手を選出するという話を聞いて、なんで
強い者を優先にS、D、団体に重複して出さないの?と疑問を持った時期もありました。基本
的には実力順の重複当たり前です。しかし一生懸命部活を続けてきた部員に最後の試合
に出て頑張って欲しい。勿論全員の部員は出られないが、実力順にS要員、D要員という
ことでS3人。D4ペアーの8人計11人の個人戦を選出する方針に決めました。11人の中
に2人の2年生が入っているので16人の3年生の内、9人しか出られないと言うことです。
もう練習しても試合には出られない7名は現実の厳しさを身に浸みて感じていることでしょう
が、部活をここまで続けてきたことを誇りに最後まで頑張って欲しい。

2006(平成18)年
2月16日(木)

w
個人日誌より。「今日はずっと手出しのストロークでした。1000本打てと言われたけど、時間
が無くて700本になりました。3時間以上も同じ練習をしていると集中力も無く、意味がありま
せんでした」意味のある練習にするのもしないもの心掛け・考え方次第。「意味がありませで
した」と言い切るのですね。常日頃の練習は意味を考えて練習に臨んでいますか。私は意味
のない練習を君たちに課してないつもりです。疲れていくに従って集中力が薄らいでいく中で
自分を律する強い気持ち、極限まで自分を追いつめて、そこから自分を見いだすことなどが
できると思いませんか。ボールの高低・軌道・回転のかかり具合等々チェックしなさい。
『過ぎたるは猶及ばざるが如し』と言うほど700球や1000球ぐらいで言うのはおかしいと思
いませんか。いつかは1000球を実現しましょう!!
「ダブルスはストロークより、ボレーで点を取りに行けなきゃ勝てません。せっかくのチャンス
ボールはしっかり決めたいです。もっと試合を意識したいです」しっかりしたストロークでチャ
ンスボールを作ってもらってボレーで決めるのが定石。
どんな練習でも無駄な無意味な練習はないはず。常にテニスへの意識を高め、「一生に一
度のボールを命がけで打て!」と言いたいですね。
2006(平成18)年
2月11日(土)
何故ミスする。「練習でミスしたら下手になる。集中だ!集中!!集中が足りないのだ!!!
ノーミスに徹しろ!」ミスして「ゴメン」「すみません」で強くならない。勝ちたかったらミスしない
こと。「ミスしないのが勝者になる!」「ミスしないのが一番強い!」顧問の永遠のテーマ。
分かっています。ミスしたくてミスをするのではないことぐらいは……。でもミスが多すぎる。
下手ではないと思う。でもミスする。ミスを自分で許してはいないか?簡単に次に行かないで
欲しい。反省は?ペナルティーは?お互いの許し合いは不要。脚力・精神力・持久力・知力な
ど総合力でしょうが、やれることはみんなが後悔しないためにもやらせなくてはと思う昨今。

2006(平成18)年
1月5日(木)
w
卒業生からメールを頂きましたのでご紹介します。
「こんばんは!早速HPを見てみました。懐かしい名前がててきたり、なんと、娘の高校(金井)
と練習試合をしていたりで、思わず見入ってしまいました。娘の友達の名前もあって、しばらく
親子で楽しんじゃいました。書き込むのは恥ずかしかったのでメールしました。先生に会いたい
で〜す。」
メールをそのまま貼り付けてしまいました。お許しを下さい。時の流れる早さを痛感するこのご
ろです。


ダブルス(敬称略)
大谷・横川(NF) 3−6 千葉・桜井(KA) 改田・近藤(NF) 6−0 篠原・池田(NA)
石崎・江口(NA) 6−1 小林・原田(SE) 森岡・平岩(NF) 6−4 大野・伊藤(KA)
倉橋・青木(NF) 6−0 今野・神保(NA) 斉賀・高野(KA) 3−6 勝又・丹下(NF)
柴田・遠山(NF) 6−1 榎本・石川(KA) 関谷・東野(NF) 6−2 後藤・岩永(NA)
千葉・桜井(KA) 7-6(5 石崎・江口(NA) 脇坂・飯塚(SE) 1−6 佐藤・稗貫(NF)
勝又・丹下(NF) 4−6 篠原・池田(NA) 森岡・平岩(NF) 4−6 高梨・下村(SE)
倉橋・青木(NF) 6−3 榎本・石川(KA) 柴田・遠山(NF) 6−1 後藤・今野(KA)
大野・伊藤(KA) 6−4 小林・原田(SE) 磯野・小坂(SE) 4−6 田中・ 陸 (KA)
田中・ 陸(KA) 6−2 脇坂・飯塚(SE) 伊澤・倉橋(NF) 2−6 小野・桜井(KA)
佐藤・稗貫(NF) 6−1 高梨・下村(SE) 大谷・横川(NF) 6−4 田中・ 陸 (KA)
改田・近藤(NF) 3−6 小野・桜井(KA) 伊澤・青木(NF) 5−5 斉賀・高野(KA)
関谷・東野(NF) 6−3 神保・今野(NA)      

シングルス(敬称略)

横川(NF) 4−6 石崎(NA) 稗貫(NF) 2−6 千葉(KA) 脇坂(SE) 7−5 篠原(NA)
陸  (KA) 2−6 近藤(NF) 丹下(NF) 6−0 池田(NA) 小野(KA) 6−3 大塚(SE)
高梨(SE) 3−6 改田(NF) 大野(KA) 6−3 江口(NA) 森岡(NF) 6−1 斉賀(KA)
今野(NA) 7−5 榎本(KA) 倉橋(NF) 6−0 高野(KA) 平岩(NF) 3−6 神保(NA)
遠山(NF) 6−1 岩永(KA) 関谷(NF) 6−1 石川(KA) 青木(NF) 5−7 下村(SE)
東野(NF) 7-6(4 原田(SE) 石崎(NA) 6−0 千葉(KA) 横川(NF) 6−1 桜井(KA)
大谷(NF) 6−1 篠原(NA) 脇坂(SE) 0−6 近藤(NF) 飯塚(SE) 0−6 丹下(NF)
飯島(SE) 6−2 大野(KA) 倉橋(NF) 6−0 江口(NA) 平岩(NF) 1−6 高梨(SE)
大谷(NF) 5)6-7 桜井(KA) 田中(KA) 0−6 佐藤(NF) 池田(NA 7-6(4 伊藤(KA)
伊澤(NF) 6−0 後藤(KA) 柴田(NF) 1−6 小林(SE) 稗貫(NF) 6−0 陸  (KA)
小野(KA) 0−6 佐藤(NF)            


2005(平成17)年
12月27日(火)
w
学部のオムニコート5面を借りて、今年最後の4校による練習試合でした。永谷(NA)・金井(KA)・
清陵(SE)の3校に来て頂きました。昨日は永谷高校の大木先生に練習を見て頂き、今日は2校に
声をかけて頂き、4校戦が実現しました。朝9時からボールが見えなくなるまで4時半を過ぎていまし
た。ダブルスの5−5は打ち切りの結果です。上記の結果について誤りがあるときには訂正をします
ので教えて下さい。必死にボールを追いかけ、諦めることなく勝利をつかもうとする姿はやはり、ス
ポーツ(テニス競技)の良いところだと思います。大木先生・安藤先生・望月先生遅くまでありがとう
御座いました。今後ともよろしくお願い致します。


2005(平成17)年
11月28日(月)
w
「貴方のプレースタイルは?」と聞かれてはっきり自信を持って答えられますか?試合の中で何をし
たいのか判りません。漠然とボールを打ってはミスをしてポイントを失ってゲームを落としセットまで
失って終わり。自分のプレーをするために、周りを気にしないで自分の世界に没入するくらいの集
中力って経験したことがありますか?脚力を使い、体力にものをいわせて自分から絶対ミスら無
い。バテない。そしてチャンスを見逃さない。1ポイントに5分、10分、15分、30分、1時間、それ
以上かける信念・執念を持って試合に望んで欲しい。なれ合いで部内戦をしている者はいないだろ
うが、もっと勝って嬉しがり、負けて悔しがり、勝っても負けてももっともっとと上を目指せ!『常に最
高点に目標をおくこと』
部内ランキングを月ごとに設定していきましょう!下位者が上位者にチャレンジをして、部内のレベ
ルアップを図り、地区大会・県大会で上位を目指して行きましょう!!切磋琢磨して良い部活に!
2005(平成17)年
11月21日(月)
t
3年生の中には受験勉強が一区切りついて練習に参加してくれる者が出てきました。大変ありがた
いことなのですが、チョット苦言を一言。3年生は「引退」してはいますが、まだ「卒業」はしていません。
つまりOB・OGではないのです。夏に合宿に参加した3年生を厳しく叱りましたが、「卒業」するまで
は現役部員なのです。昔からの伝統なのかも知れませんが、1・2年生が勘違いして引退した3年
生をOB・OGのように接しているのが気になります。また。「引退」した部員がコートにくれば「現役」
の部員にいらぬ緊張感を与えるということも自覚して欲しいと思います。本当に後輩のためを思った
ら、受験で鈍った体を鍛えなおし、後輩と同じ練習をできる体力をつけ、後輩の練習を妨げないちょ
うどいい距離感を保ちつつ、練習に参加してください。そして卒業後、晴れてOB・OGとしてコートに
帰って来て欲しいと思います。
2005(平成17)年
11月03日(木)
太陽が早く沈みます。5時前にはナイターの照明を点けての練習が出来ます。でも11月から3月ま
では冬時間で練習は5時半までで6時には下校が決まりになっています。砂入り人工芝でそんなに
明るくは無いけど照明付き。もっと明るくなって、時間も長く出来ればもっと条件は良くなると思いま
すが…。照明が無いとしたらランニングを中心としたトレーニングで身体を鍛えて来春以降に備える
のが普通だと思います。下半身を鍛えて長期戦に耐えられる体力と気力を養い、ミスしないテニス
を自分のものにしよう!12月22日(木)が冬至で1年で一番昼の時間が短くなります。

2005(平成17)年
10月30日(日)
個人日誌は1週間に2回、提出することになっています。8月6日(土)から見せていなかった貴方は
何か理由があったのでしょうか?理由が無ければ8月6日以降の延べ日数を部活停止にしようか
な?と考えていますがいかがでしょうか?連帯責任はどうでしょうか?決まっていることをできないよ
うでは恥ずかしい限りではないですか?
2005(平成17)年
10月20日(木)
最近、考えています。「似て非なるスポーツ」。相手を罵倒してでも勝て。相手がミスすると大喜び。
声で負けるな、声で勝て、声が小さいければ元気が無くて負ける。「似て非なるもの」を経験すると
硬式テニスをわかっていると勘違いしているよな気がします。
コートチェンジの時にコートに入るとき
に「一礼」。確かに礼儀正しい。しかし相手を気遣う気持ちはどこにあるの?相手がミスすると「ラッ
キー」と叫んで喜び回る。これってやはり硬式テニスのマナー・エチケットを知らないプレーヤーだと
思います。最近、テニスのマナー・エチケット向上に役立てば良いと思って、練習試合の最後に「ア
ドバイスをお願いしま〜す」と来たら、待ってましたとばかり、気がついた点を言ってあげます。「相手
がミスしてラッキーは無いと思います」「フォルト&ダブルフォルトは不要です。ダブルフォルトには無
言のいたわりを」「主審の声が小さくて、ゲームカウントがわからない」等々。マナーを守って気持ち
よくテニスをして強くなりましょう!!

Copyright 2002 日本大学藤沢高等学校テニス部 All rights reserved
無断で複写複製、転載することを禁じます。